セールの設定で、特価の商品の価格がセール前より高くなってしまった。

ZenCartには、
全商品、もしくはカテゴリごとにセールを行うことができるシステムがあります。

簡単な設定でセールを行うことができるのですが、
対象となる商品に特価が設定されていた場合、
セールの設定方法によってはセール価格が特価より高くなることがあります。

この現象は、セールの設定項目にある、『特価商品の場合』という部分を、
仕様にあわせて変更すれば解決します。

【管理画面にログイン後設定を行ってください。】

『商品の管理』 → 『セールの管理』 を選択します。

『新しいセール』ボタン、
もしくは、一覧の中から編集したいセール名をクリックして、画面右の『編集』ボタンをクリックし、
セールの設定画面に移動して下さい。

設定項目の『特価商品の場合』という部分を正しく選択しなおします。
設定は下記の3つの中から選びます。


1、特価商品の価格を無視する – レギュラー価格にセールを適用し、特価を置き換える
※この設定が基本設定として選択されています。

この場合、特価価格になる前の通常の価格にセールを適用しますので、
特価が10%off、セールが5%offであれば、
セールをしている間のほうが商品価格が高くなってしまいます。


2、セール対象外 – 特価商品はセールを適用しない

この場合、特価が設定されている商品にはセールは適応されなくなります。
よくある、赤札品はセール対象外のようなものです。


3、特価商品の価格にさらにセール値引きを適用する

この場合、特価価格に更にセールの割引きを適応します。

この設定や、設定を行った際の価格の表示状態など、
下記ブログページに記載しております。

ZenCartサポートの小ネタ その1